ふわふわ卵のインスタントラーメン

袋麺の具として卵を入れたはずなのに、なぜか卵が溶けてなくなってしまうことはありませんか。

卵が消えてしまうのは、卵を入れるタイミングを完全に間違っているから。麺を入れてから卵を投入していません?麺より先に卵を投入すれば、1個の卵で満足な量のふわふわ卵ができますよ。

材料

  • インスタントラーメン 1袋
  • 卵 1個
  • 水 説明書どおりの量
  • 好みの具 なくても大丈夫

作り方

1 お湯を沸かす

目分量に自信がない場合は、きちんと計量する。水が多いと味が薄くて美味しくない。沸騰したら弱火をキープ。

2 粉末スープの半分をお湯に投入

スープに味を付けておくことで卵にも味が付く。これをやらないと卵に味がなくて旨くない。

3 別容器に卵を割り入れ、溶く

お湯の中に卵を直接割り入れて混ぜたりしてはいけない。

4 お湯に溶き卵を静かに入れ、1分待つ

沸騰したお湯の中に、溶き卵を少しづつ静かに流し入れる。卵は同じ場所に重ねるように入れ、絶対にかき混ぜてはいけない。糸のように細く入れると鍋の底に卵が貼りつきにくい。

全部入れ終わったら、ごく弱火のまま1分待つ。蓋をすると吹きこぼれるので、蓋はしない。

写真のような状態のまま動かさないようにする。触ったり混ぜたりすると崩れてしまう。

目玉の卵が好きな場合

ここで卵を溶かずに割り入れると、目玉卵になる。好みで待つ時間を変えるとよい。

5 麺を投入して普通に作る

卵の上に麺を投入して、いつもと同じように作る。麺を入れてすぐにほぐすと卵が崩れるので、1分程度待って麺が多少柔らかくなってからほぐす。

残りの粉末スープを入れるのを忘れずに。盛り付けるときは麺を先に器に入れ、最後に卵を乗せると綺麗。

出来上がり

今回のトッピングは卵1個と刻んだニラ。卵がふっくらして美味しい。

おすすめラーメンその1

定番中の定番「サッポロ一番 塩ラーメン」。最後にバターを乗せると幸せの味がする。

サッポロ一番 塩ラーメン
サンヨー食品

おすすめラーメンその2

韓国のピリ辛さっぱり系の「ココ麺」。青唐辛子の風味が好き。韓国ラーメンはスープを先に入れるので、卵にもよく味が付いて美味しい。

ココ麺
八道(パルド)