塩とゴマ油だけでとんでも旨い。皮蛋豆腐

皮蛋(ピータン)の濃厚なコクが、ごま油と塩のコンボをさら美味しくする。皮蛋が主役には見えないけれど、この味は皮蛋がないと出せない。食べるときは、盛付けが崩れるのを気にせずよく混ぜる。

材料

  • 豆腐 1丁
  • 皮蛋(ピータン) 1個
  • ネギ 半分~1本
  • 干しエビ 少々(なくても大丈夫)
  • ゴマ油 大さじ1ぐらい
  • 塩 適量
皮蛋(ピータン)

作り方

1 豆腐の水を切る

豆腐の水を抜いて置いておき、水を切る。重しをしてもよい。やらなくてもよいけど、やると水分が減って旨味が薄まらない。

2 干しエビをもどす

干しエビは、入れなくてもよいがあると旨い出汁要員。作り始めにぬるま湯につけて、もどしておくと刻みやすくなる。完璧に戻す必要はない。

3 皮蛋、ネギ、干しエビを刻む

皮蛋は殻を剥いて5mm角ぐらいに刻む。ネギ、干しエビはみじん切り。

皮蛋は包丁やまな板にくっつくので、最初に刻む。その後にネギを切ると、ネギに皮蛋が付くので無駄にならない。

4 皿に豆腐を置き、3を上に乗せる

豆腐は適当に切ってもよいし、後で混ぜるので切らなくてもよい。この段階で一応の出来上がり。食卓にはこの状態で出すのが美しい。

食べるのが後になるときは、3まで用意しておいて食べるときに盛り付ける。

5 ゴマ油と塩をかけ、よく混ぜて出来上がり

スプーンで全体が混ざるようによく混ぜる。豆腐は切るようにして潰さないように。盛付けが崩れるとか、見た目がやばいとか気にしない。